ポケモンSM ストーリーをクリアした感想

ポケモンSMの略称は「サム」でよいのでしょうか?

ということで、ポケモンサン・ムーンのストーリーをクリアしました。ので、その感想なんぞを書いていきます。既にプレイされている方に向けてますのでネタバレを含みます。未プレイの方はご注意ください。

スポンサードリンク

率直な感想は、あっさりしていて煩わしくない、といった感じでしょうか。イベントは基本的に1本道で、ストーリーに関わらない話は極力サブイベントにまわしているような印象を受けました。自分もそうですが、クリア後の厳選や対戦を楽しみにしている方にとってはサクっと終わらせることができて良かったのではないかと思います。

ただストーリーの中身は、と言うと…

これまで続いてきたジムリーダーとバッジのシステムを廃止し、島の統括者や主ポケモン、バトルにも影響をおよぼすZクリスタルといった、ストーリーの根幹を変えた新要素は面白いです(ライドギアは便利そのもの)。様式美ともマンネリとも取れる状況をうまく打破できたことで、昔はプレイしていたが今はやっていない、という人も取り込む要因になったと個人的には思っています。

新ストーリーにおいて欠かせないのがリーリエという存在。リーリエもハウもグラジオも皆、過去に大人の壁にぶつかった経験があり現状にもがいています。しかし主人公と出会うことではっきりとした目的とそのための手段を見つけ結果として乗り越え変わっていきます。リーリエのフォルムチェンジが最たる例です。

主人公と一緒にいた時間が長く、伝説のポケモンを所有していたことで彼女ばかりにスポットが当たっていますが、実は出会う全てのキャラたちは同じコンセプトに沿っていたわけですね。そしてそれはスカル団も例外ではありません。彼らは壁を乗り越えられなかった象徴ですが彼らもまた主人公に出会い新たな道を模索している最中なのでしょう。

…と、これだけの新要素とコンセプトがはっきりしているにも関わらず、残念な点は

説明不足が過ぎる ことです。

例えばグラジオの主人公たちへの態度があっさり変わったこと。急にリーリエを守れと言ったり、初見のハウを罵ったかと思えばあいつは凄い、と言いだしたり御都合主義というよりも漫画のページを読み飛ばしたような感覚で進んでいきます。

グズマとスカル団に関しても見た目は悪そうですがそもそも何が目的なのかはっきりとは描かれていないためエーテル財団と反発する理由も弱いですし裏で繋がっていると言われてもイマイチ驚きがありません。

敗北時の「何をやってるんだグズマああああああ!」というギャグのような印象深いセリフがありますが、これ1つ取っても決してポケモンを責めない彼の姿勢や優しさが伺えます。プルメリとリーリエの関係も気になりますし、スカル団だけでももっと面白く話を膨らませることはできただろうと思ってしまいます。むしろ成長過程を大事にしているストーリーなら尚更そのバックグラウンドは重要でしょう。一応、ED後のグズマイベントでハラを師匠と呼びますが、深くは語られません。

数え上げればキリがないのですが、1つ1つのイベントが肉付けされずに記号化しているため物語が上手く繋がっていきません。特に後半に行くに連れてより顕著になっていきます。結果、異常なほど薄っぺらく、最早未完成品です。元々過去作でも回収されずに終わった伏線はありますがその比ではありません。

上記の説明不足の数々や、四天王カヒリのポット出感と閉ざされた大きなゴルフ場などを見るに、恐らく開発期間が足りていなかったのでしょう。もしくは容量が足りないかのどちらかです。ユーザーインターフェースの面でも、ダブルバトルの処理落ちや下画面の項目の配置を変えたことはマイナスでしかありません。ダンジョンが短すぎるのも容量の問題でしょうか。

これ以上書いても愚痴にしかならないので締めます。

総評:マイナーチェンジ版や続編(リーリエのカントー編など)を出さずに終わらせるには惜しい作品。

では、次回以降対戦についても触れていきます。



スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA