KOF14 バイスを使う6

鷹ゲージはよ

久々の記事です。

キャラ対策も兼ねたネタを投下。

スポンサードリンク

主にナコルルの画面端起き上がり時

・持続重ね2B→2C→6A~

コマンドは入れ込みでOK

前転、暴れ潰しを兼ねており、ヒット時は繋がる。

リバサでバクステした場合は2Cが着地硬直にヒットするためそちらにも対応している。

リバサで鷹捕まりをしていた場合でも2Cがヒットし、尚且つ先端ヒットのため6Aが漏れないようになっている。おまけに追撃のオーバーキルもお届け。

これらを嫌ってEX鷹超必をパナすようであれば、タイミングはややシビアだがリバサ直前に2Bを出すことでモーション中は姿勢の低さにより鷹をスカすことが可能となる。その後はフルコン確定。前述のようなバクステ狩りや連続ヒットにはならないが、相手のクセによって使い分けられるよう覚えておいて損はないと思う。

ゴアフェスト後にノーマルジャンプ→バクステとやると丁度相手のリバサ行動を見ることができるので、超必による暗転が見えたら前転、鷹捕まりであれば昇り中JDからオーバーキル、と様子見を第一に考えた行動でもよい。

また、前転時はノーマル鷹超必なら表、EXなら裏回りになる点に注意。

バイスに限らず京の2B→近C、庵の近B→近Cなどは持続重ねでなくとも繋がり通常投げも仕込めるので、上記の全てをカバーした、よりセーフティーな起き攻めができる。こういった細かい部分もキャラランクに差がでるポイント。

ナコルルなどの機動力があるキャラは画面端に追い詰めたらリスクとダメージを負わせたいので、極力読み合いにせず、こちら優位の場面をしっかり抑えておきたいところです。

バイスの起き攻めを嫌ってバクステをこする場面は少なくないので、その対処や手数をあらかじめ持っておくことは戦術面のみならず、メンタル面においても大切です。

短いですが今回はこのへんで。

スポンサードリンク

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA