この物語は…

知人が書いたものです

 

どこかに残したい、ということで当ブログに掲載することにしました。

続きがあるかは不明。掲載時期も未定です。

 

ではどうぞ。

 

 

 

 

 私の家には勲八等瑞宝章の賞状がある。父が戦争時に授かった物だ。

それを見る度に、かつて父が話してくれたことを思い出す。

 

「この日は海の上だった」

海軍であったのだから、そうなのだろうと思い聞いていた。

「海を、泳いでいたんだ」

海?船の上ではないのか。泳いでいたというのは────

 

 

 

 凄まじい豪音が鳴り響く。

爆撃を受けたようだ。船内を移動していると既に亡くなっている者も多くいた。

船はバランスを失い始め、あまり猶予は残されていない。

「上官」

不意に声を掛けられ振り返る。

「何をしている。早く船から離れろ。もうすぐ沈むぞ」

「上官…!」

「ん?」

「お、およげないんであります……」

「なに!?」

 

 

────海軍で泳げない。水泳の訓練とかはないのか。いや、そもそも泳げない人間が海軍に志願するだろうか、と苦笑するよりもただただ疑問が残ったことを覚えている。

 

 

 どうにかしなければならない。どうする。辺りに浮輪は見当たらない。浮輪のようなもの…。

とびらだ。

通路をしきる扉を外し、沈みかけている船の先から海へ投げ落とす。高さは十メートルほど。

「いいか。飛び込め。飛び込んだら死ぬ気であれにつかまるんだ」

迷っている暇はない。まず自分が飛び込む。

 

ザパーーーーッッッ!!

 

水面から顔を出しとびらを掴む。

「早く飛び込め!」

「は、はい……!」

泳げない者の決死の覚悟だった。

飛び込んだ彼の近くにとびらを運び、無事つかまらせる。

すぐさまとびらを押しながら泳ぎ、船から離れる。早くしなければ船が沈む際の渦に巻き込まれるからだ。

 

……

 

 

何分経ったであろうか。

船は沈んでいった。

思った通り、周りで泳いでいた者たちは凄まじい勢いで数十メートルも船側に引き戻された。

その速度にただただ恐怖し、背筋が冷たくなった。

 

やがて、海面の動きが元に戻り一難を逃れる。

しかし、この後は半ば自然に身を任せることとなる。

できることは泳ぐこと、とにかく泳ぐだけである。

 

 

────サメの出現する時間帯は夕方から翌朝にかけてらしい。

サメは自分よりも長く大きい生物を見ると逃げる習性がある。そのためふんどしを長く垂らして泳いだ、と父は言う。

道中、実際にサメは出現したものの襲われた人はいなかったそうだ。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA